夜行バスでの過ごし方

都市間を割安料金で移動できる夜行バスですが、長時間移動になる事が多く、それなりに工夫をしなければ辛い移動になりかねません。せっかく割安料金で移動するのですから、少しでも快適に過ごせる方法をご紹介致します。まず夜行バスのシートですが、少し料金を上乗せすれば3列独立シートなどの快適性を求めることが可能です。今回は最も割安料金で乗車できる2列x2列シートでの過ごし方についてご紹介致します。夜行バスには欠かせない次のグッズをまずは準備します。1.ネックレスト2.スリッパ3.アイマスク4.耳栓5.飲料水6.ウエットティッシュ、歯ブラシ等最初のネックレスとはUの字形状で首の周りに巻くようにして使用します。よく海外旅行の航空機内で見かけるものです。これは空気を入れて膨らますタイプのものが嵩張らなく使用しやすいです。

2列x2列シートですと隣の方へもたれ掛かったり、またご自身が左右に揺れて熟睡できない、といった問題を解消してくれます。次のスリッパですが、靴を脱いで足を開放できるので血行も良くなり疲れ度合いが少なくなります。アイマスクですが、夜間走行する夜行バスでも対向車のヘッドライトの明かりはバスの中に結構入ってきます。アイマスクにより光を遮断できるので熟睡しやすくなります。耳栓についてですが、夜間走行中もバスの音はかなり大きなものです。また他の方の鼾やくしゃみ等、小さな音も遮断できますので、熟睡しやすくなります。最後に飲料水ですが、夜行バスでも数時間に一度は休憩をしますが、バスの車内は常にエアコンをつけていますので、結構乾燥します。ただし飲み過ぎはトイレが近くなるなどの問題も発生しますので、適量に止めます。最後のウエットティッシュ、歯ブラシ等ですが、これらはバス会社によっては配って頂ける場合もありますが念のためお持ちになった方がよいでしょう。歯ブラシは歯磨き粉がブラシに着いた使い捨てタイプのもので十分間に合います。ウエットティッシュは予想以上に車内が暑く、汗ばんだ時などは非常に重宝します。以上のグッズは荷物にしても小さなものですのでバスの車内持ち込みが可能です。

次に服装についてですが、上述の通り常に車内はエアコンが付いた状態ですのでご自身で調整できるよう、通常より1枚程度多めに服を着て、社内で脱ぎ着すれば快適に過ごすことができます。最後に座席位置ですが通路側が足を伸ばして座ることが出来る場合が多いので快適に過ごせますが、座席位置はバス会社が設定する場合が多いため、決められた席で過ごすようにします。以上のような方法で少しでも夜行バスを快適にお過ごし頂けるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*